特定非営利活動法人

石井文由

研究

大学での研究は論文を書くためのものではなく、世の人にとって有益な製品を作り出して始めて価値あるものとの認識のもとにすべての研究を行っている。また、病気にならないための研究もしくは現在の健康状態をさらに向上させる(悪い人は良く、良い人はさらに良く)ための研究では、簡単な運動および容易な食生活改善によるデータ解析したエビデンスを参加協力者にフィードバックするなど、医者いらず、薬いらずの国民健康維持を目指す研究も行っている。

近況

へヴィ研では薬局における各種データの収集が重要となりますが、そのデータを解析したのち、例えばインフルエンザの流行が予測できた場合、各薬局薬剤師はどのような対処を地域住民に行うかはさらに重要です。つまり、薬局薬剤師はこうして得られたエビデンスをもとに患者にあるいは地域住民にどのように対処すべきかを習得あるいは熟知していなければなりません。今後は薬局がさらにすべての国民の健康相談センターとなるために、そこで働く質の高い薬剤師の育成養成も急務な課題として研究を続けています。

趣味

ご当地グルメを食する旅行。iPAD mini を用いた電子書籍読書および音楽鑑賞。